SPIの就職試験対策《2語の関係》

SPIには2語の関係という問題が出題されます。その攻略法をここでは解説。

頻出! テストセンター出題の2語の関係を練習して克服

SP頻出の2語の関係を克服企業説明会に参加すると、こんな事業の会社知らなかったといったことや幅広い業界があることがわかります。若いイケメンの男性社員が説明するのを聞いていると、何もしらなかった人は、企業の事業内容と今年の職種別採用人数などの説明だけだと思いきや、いきなり、SPIの筆記試験を始められてびっくりすることもあります。それがSPIの2語の関係です。筆記試験の2語の関係を問われると、なんだか頭が混乱するようです。ふらふら、するので、問題を解くのをやめたくなりますが、ここは、がんばりが大切。せっかく、就職セミナーやSPIの講習会に出たのだから、しかも、2語の関係についてあれだけ練習問題を、サンプルを交えながら解いたのだからあわてずに解くことが鍵となります。たとえば、以下のような問題。チャレンジしてみよう。

  1. 美人 - 美女 → 類似の関係
  2. 素人 - 玄人 → 対義語の関係
  3. しょうゆ -大豆 → 原料の関係

筆記試験の完全攻略《2語の関係》

このように、SPI - 2語の関係には問題の解き方に一定の傾向があります。「内定を取るしくみ」というものがあるのと同様、「2語の関係をすばやく解くコツ」があるのです。それは、とにかく、多くの例題や練習問題、サンプルを解くこと、とにかく、得ことにつきます。そうすれば、テストセンターや本番で2語の関係が出題されたとしても、すでにたくさんの問題を解いていますから、安心・安全といえるでしょう。無料の情報サイトを大いに活用して、頻出の1語でも読める漢字を増やそうとすることが、第一志望の企業への内定への近道になります。今年は去年の未就職の大学4年生も就職戦線に加わります。SPI 適性試験を無料練習サイトで攻略しましょう。

サンプルおよび問題サイトはこちら