SPIの就職試験対策《難読漢字》

大人でも読めそうで読めない難読漢字がSPIにでても大丈夫。就職のSPIは怖くない。

頻出! テストセンター出題の難読漢字をサンプルで克服

SP頻出の難読漢字を克服なにやら、問題を見ると、難しいそうな漢字が並んでいる。たしか高校受験の時に勉強をしたような・・・という就職活動中のAさん、なにやら難しそうな顔をしています。SPIのテストセンターで読めない漢字が多数出たので落ち込んでいるみたいです。Aさんは、高校受験後希望の大学に入り、そこでサークル活動に専念しました。サークルは男女ともにたのしく、携帯でのメールのやり取りで連絡を行いました。メールでは簡単な漢字しか使うことがありません。難しい漢字は相手も使わない可能性があるので、めったに使う機会がないというわけです。Aさんが就職活動を始めたのは、大学3年生の夏。自己分析を行い、エントリーシートの書き方も大学の就職セミナーで習った。しかし、筆記試験対策をしているうち、SPI、GAB、SCOA などの筆記試験で読めない漢字が多数存在することがわかりとてもあせった。しかし、気づいたときは最初のテストセンターで沈んでしまっていた。以下のような問題が出た。チャレンジしてみよう。

  1. 豆腐 の漢字の読み方は?
  2. 納得 の漢字の読み方は?
  3. 養老 の漢字の読み方は?

難読漢字を無料サイトを活用してチェック

Aさんのように、高校受験以来漢字を学習していない方も多いのではないでしょうか。漢字は意外と読めないものもけっこうあるはず。SPIは1問1問解く試験時間を短くこなしていかなければいけません。無料の情報サイトを大いに活用して、頻出の1語でも読める漢字を増やそうとすることが、第一志望の企業への内定への近道になります。大学4年卒業が近くなっても就職先が決まらない、といったようなことにならないよう、SPI 適性試験を例題を使って乗り切りましょう。

例題問題サイトはこちら