厳しい就職戦線を勝ち抜く~
SPIテストセンターを無料練習サイトをうまく使用して攻略 《ことわざ編》

適性試験(SPI2)は1問でも多く解く

SPI同意語の練習問題サンプルSPI2適性試験は、テストセンターものもあります。最近の雇用情勢の厳しさから、企業の採用意欲も減少傾向にあります。企業説明会すら、うっかりしているとすぐにいっぱいになってしまいます。エントリーシートも書き方にも気を遣います。このような状況ですから、SPI適性試験も1問でも確実に解いて点数を稼がないといけないことが言わなくてもわかります。1問でも解くには、あらかじめ万全の準備をする、たとえば、無料のサンプルや練習問題を解いてみる、あるいは、模擬試験・模擬テストを解いてみるなどあります。たくさんの問題をこなせばこなすほど語彙や問題への対処力が高まるのでSPIのテストセンターでの本番試験の成績がよくなるのは当然です。さらに、これだけ勉強して準備したという自信がつきます。言語問題は知っているか知っていないか、で正解できるか正解できないかが分かれ目となりますから、ことわざや同意語・反意語などまずは、何気ない日常会話から多用してみるのもよい方法です。「ローマは一日してならず」という有名な格言がありますが、まさに、1ずつ、就職試験対策をしていくことが多くの内定を獲得する近道なのです。ことわざは実に種類が多いです。「石の上にも三年」ということわざは、じっと辛抱していれば報われるという意味です。では、さっそくですが次の例題をやってみましょう。

  1. 仏の顔も三度 == どんなよい人でも失礼なことを何度もすれば怒るということ
  2. 豆腐にかすがい == 効果のないこと
  3. 可愛い子には旅をさせよ == 子を愛するならば苦労させよ


無料のSPI練習問題サイトを効果的に活用する

上記の問題はすべて正解できましたか。ただ、ことわざは実にたくさんの種類があるので全部できたからといって油断は禁物です。SPIの練習問題は、ライバルの大学生に負けいほど多くこなす、これがよい道です。以下の無料の練習問題を活用してみましょう。

SPI練習問題サイト(無料)

プラス思考で就職試験SPI対策をしていきましょう。