テストセンターのよい練習サイトとは

テストセンターの練習は就職試験を突破するためにとても大切です。就職試験で必要なのは書類選考(エントリーシート)、筆記試験対策(テストセンターなど)、それと面接です。大企業に人気が集中する中、内定を勝ち取るためには、人より努力しなければ大勢の中から抜きん出ることはできません。たとえば、以下のような対策模擬試験練習サイトを活用して問題の出題パターンとその解法、実際の時間配分になれることがweb適性試験攻略の必勝法になります。

適性を見るためのSPI

ここ最近では、あまりにも就職活動の時期が早く本来の学業(授業)に専念できないとの大学や文部省から批判が出ていることから経団連や大手商社を中心に採用のための説明会を遅らせる動きが広まっています。それでも、マスコミなど業界では大学3年生の秋ごろにSPIの適性検査を行うところもあります。中小企業の採用の本格化は、大学4年生の春から夏の終わりにかけてだいたい、大企業の採用がぼちぼちおわってからが多くなる傾向があります。2010年の大学生の就職内定率は66.6%とたいへん厳しいものになりました。つまり、3人に1人が就職内定を取れていないのです。さらにひどいことに、卒業後、アルバイトでもすると、就職したとみなされるのです。さらに、不況のため大学院に進学する人も大勢います。ゆえに、就職内定率の真水は60%前後といっていいでしょう。つまり、まずは、エントリーシートその次は、適性検査SPIの対策をしっかり行う必要があります。志望の業界によってはさらに複雑な適正試験CAB, GABやTG-Webや玉手箱の対策を行う必要もあるかもれません。

webでの画面形式になれる

2010年は 就職浪人がたくさん生まれる事態となりました。この就職状況は2000年前半の就職氷河期を上回る厳しさです。ここは、上手に自分だけの力で乗り切ろうとはせずに、大学の就職課(もしくは大学すすめるよいサイト)やハローワークの相談窓口に相談して就職試験の対策をするべきです。厚生労働省の2011年1月の発表の調査データによると、北海道・東北は69.9%、関東は72.1%、中部は61.7%、近畿は71.0%、九州は63.1%。です。このデータを見れば分かるように、自動車産業や機械産業、電気産業がリーマンショックと円高の影響を受け、グローバル化の世界的傾向にのって、アジア各国の人件費の安い国々に工場を移転しつつあります。その証拠に電子情報技術産業協会によれば、映像機器、音声機器などを合計した民生用電子機器の、2010年1月~10月の輸入額は7691億円(前年同期比61.7%増)、同輸出額は7620億円(1.2%増)。輸入額が輸出額を上回り、日本にはもはや生産工場が少なく海外の生産工場から日本に製品を輸入している状態。つまり、政治不在のいきすぎた円高で日本には働く場所が減っているということで、新卒の方も少ない就職口をめぐって激しい競争をする傾向が今後5年間は続くと思われます。web適正試験とサンプルここ最近大企業は留学生をグローバル化のために積極的に採用し、日本人採用を減らす傾向があります。大手企業はたくさんの学生を効率的に厳選採用するためにwebテストを行うところがほとんどです。なかには英語でのwebテストやTOEIC 要求されることもあるでしょう。webでの画面形式にSPI模擬試験をするなどして出題形式になれておくほうがよいです。

中小企業ではweb適性検査ではなく紙の筆記試験のあるところも


2011年春の卒業までに就職が決まらなかった新卒予定者や既卒者は今年はまだ、日本経済が引き続き円高不況で採用増となっていないため不安が増していると思います。就職先が決まらずに卒業する大学生は4万人から10万人とも言われています。新卒一括採用でなければ、実務経験のない、働いた経験のない大学生はほとんど正社員になることが不可能となってしまうので、このシステムは良いシステムである反面、就職先が決まらなければ、先の見えない希望の見えない人生の出発点ともなってしまうのです。就職できないために高い授業料をもう一年払い、学内にとどまった方が得です。SPI対策や面接対策、グループディスカッションなどの就職支援を大学の就職部から得られるのは大きいです。公務員志望や看護師志望、その他の資格の学校へ行くひとたちも増加中です。ただ、公務員もここ最近、定年延長や財政規律の関係から新卒の採用枠を減らしつつあり、ますます、狭き門になっています。つまり、競争に勝つには筆記試験対策をがんばる必要があります。既卒業者はよほど中国留学のために就職活動に遅れたなどの実力がない限り、同じ実力、たとえば、web適性試験の成績や一般常識の点数が同じ、であれば中小企業といえども新卒者の方を採用したがるのはいうまでもないです。既卒者には企業はマイナスのイメージをとても強く持っています。卒業後1~2年の既卒者は、新卒と中途採用のはざまで不利です。司法試験や公務員試験ん、会計士試験の失敗組も同じく不利です。大学での支援も既卒者は在学者に比べ現在授業料を払っていない観点から置き去りにされがちです。なお、中小企業ではいまもなお、紙の筆記試験やSPI適性検査が根強く残っているところも多いので、注意が必要です。5年前くらいまでは、就職は新卒者の売り手市場だったのでたった5年の生まれの差でこんなにも状況が違うのはとてもひどい世の中になったものです。ただ、アメリカの失業率は10%近いので日本の既卒者はまだ恵まれているといってよいでしょう。

言語問題 例題


では、ためしに言語問題の例題をしてみましょう。

2語の関係:チーズ / 牛乳 。では『机』は?



さらに練習をしたい人にはこんな言語対策問題集《ただし有料》もあります。

非言語問題 数学 例題


では、ためしに言語問題の例題をしてみましょう。

『10円玉を8枚空中に投げた。少なくとも1枚が表になる確率はいくらか』

皆がつまづく計測問題や表の読み取りを入社試験問題集で克服

よい就職口は入社したいと当然応募する学生も多く、適性試験でふるい落とされる学生も相当数に上ります。既卒のひとは『卒業後3年までは新卒とみなして採用する』とは言われていますが、やはり、上記で説明したとおり『即戦力として期待される中途採用枠で対応する企業が多い』。そのために、焦ったり、自信をなくしてしまったりする方もおおいですが、求人情報こまめにアクセスしたり、情報収集したりしましょう。言語問題はとにかく量をこなす事が大切。有料でもよい言語対策問題集を選びましょう。そうしないと、知っているか知っていないかの差でライバルに負けます。非言語問題が苦手な人はあきらめずにサンプルや問題集、例題、模擬試験を上手に使って、計測問題や表の読み取り問題の練習に励みましょう。一般常識はこのサイトを利用すると良いです。