【webテスト 例題 傾向と対策】 ~ 転職試験、就職試験前に

リーマンショック以降、日本の落ち込みは激しいのに比べ、中国・インドをはじめとするアジア各国の躍進はすさまじく日本からどんどん仕事が少なくなっている現象がつづいています。昔と比べ、新卒でも採用が極端に少なくなっている、(たとえば、ある銀行では300人採用のところを50人にまで減らすなど)ところも多いので、エントリーシートや面接対策だけでなく、適性検査(webテスト)も同時にがんばる必要があります。自分の先輩の話を鵜呑みにしては危険です。先輩の時代は採用数が多く、同じレベル(難易度)の適正試験をうけて同じ点数をとっても内定をもらえたのです。

webテストの形式はさまざま、一番代表的はSPI2

就職戦線は厳しさを増す一方です。世間では大企業に学生が集中する傾向を批判する人が多いですが、批判など気にする必要はありません。大企業は給料も高いし、ボーナスもたくさん出ます。サービス残業がなく残業手当もしっかりつきます。ブラックといわれる中小企業は基本給がそもそも安く、残業もただ働き(いわゆるサービス残業)です。土曜日・日曜日も休日出勤はあります。新卒の就職活動は1回きりしかないので一度のことで一生苦労しないようwebテスト対策を今すぐでもとりかかりましょう。webテストは傾向があります。企業でよくつかわれているwebテストはSPI2です。ほかにもプログラマー向けのものやいろいろあります。高校のときに推薦で数学の教科なしで大学に入った人はなんといっても確率や並木計算、食塩水、表の読み取りなどが苦手に感じるのは当然のことです。
以下はwebテスト SPI2のサンプルです。このように数学は時間との勝負ですから、まずは苦手意識を克服することから始めてください。


練習問題を多くこなす、SPI2 模擬試験を紹介

就職活動は長い人は大学3年の夏から大学4年の卒業まで1年半近くもしています。事前の準備をしていなければ、就職活動は内定をもらえなければだらだらと自信だけ失い長引くだけです。適正試験(webテスト)に関して上記動画サイトのリンクを下記に記します。適正検査に関しては、企業内で行うものやテストセンターで行うもの、自宅でおこなうものなどさまざまです。しかし、試験内容は言語系問題と非言語系問題(一般常識問題を含む2語の関係、文章問題)~出題される傾向があります。

上記のWebテスト模擬サイトをみる | そのサイトのトップ

エントリーシートを突破してもweb適正試験を通らなければ面接にたどり着けません。言語問題、非言語問題を練習問題や模試を多くとき、なるべく高得点を取れるようがんばりましょう。