テストセンター問題とSPI一般常識対策《都道府県の県庁所在地》

就職試験は不況のため、年々ハードルが高くなりつつあります。ここでは、テストセンター問題やSPI2に一般常識の言語問題として出題される可能性がある都道府県の県庁所在地の基礎能力テストを3問行います。

筆記試験と内定獲得

大企業は給料もよいし、何よりもボーナスが多く出ます。社内教育もしっかりしていて有給休暇もとることが可能です。さらに、いい会社だと、半年間ほど会社のお金で海外へ留学できてしまいます。やはり、目指すのは、中小企業、中堅企業ではなく、大企業の正社員の職です。大企業の正社員になれば勝ち組なので厳しい就職戦線を勝ち抜きましょう。まずは、エントリーシートと筆記試験です。筆記試験は、数学などある程度パターンを覚えれば、できる問題、すなわち非言語テストセンター問題とSPI一般常識対策《都道府県の県庁所在地》問題と覚えていなければまったく解くことができない言語問題があります。たとえば、都道府県の県庁所在地などは、覚えていなければ、東京都は東京なのはわかりますが、愛知県が名古屋などはわかりません。ここがテストセンターやSP2の基礎能力が問われるゆえんでするということです。こんな不況の時代でも内定がたくさん取れる人は就活の準備をしっかりしていた人たちです。あなたもしっかりと筆記試験(WEBテスト)の準備をしていれば内定をたくさんとれます。では、さっそくですが以下の練習問題をしてみましょう。

  1. 兵庫県の県庁所在地は?
  2. 滋賀県の県庁所在地は?
  3. 茨城県の県庁所在地は?

幅広く勉強してテストセンターに備える

ハローワークや大学の就職課の支援コーナでキャリアカウンセラーや就職コンサルタントのアドバイスをうけて就職試験の準備をするのもよい方法です。さらに、以下のような無料でできる就職採用試験用の一般常識確認テストを上手に活用すれば、幅広く勉強してテストセンターに備えることができます。

無料でできる一般常識強化練習問題(例題もあり)

ポテンシャルの高い学生はもちろんすでに使用しているので、ぜひ利用しましょう。必死で就活して志望の大企業への内定獲得がんばりましょう。