テストセンター問題とSPI一般常識対策《世界各国の首都》

新卒採用試験のスタートダッシュをする時期に来ています。ここでは、多様化する就職試験の一般常識に関して、「世界各国の首都」の練習問題をしてみます。

多様化する筆記試験に備える

すさまじい円高が日本経済を苦しめ始めています。7月までの政府の雇用統計では少し景気が上向き始めていましたが、米国やEUの経済の悪化によるここ最近の急激な円高により、大企業も軒並み採算が悪化しています。国内工場を閉鎖し、生産拠点を海外に移す企業も増加しています。このような状況で来年の新卒採用数が増加する期待がありません。今年と同程度か場合により今年よりも採用数が減少する就職氷河期になる可能があります。 この夏終わりの時期でもテストセンター問題とSPI一般常識対策《世界各国の首都》大阪や東京の都心では、リクルート姿の学生をよく見かけます。このような学生は今年は多く、卒業までに内定が得られるか就職問題で頭がいっぱいだそうです。少ない新卒採用枠に対して今年の就職浪人、既卒3年以内の人、そして新大学3年生が争うわけですから、就職活動激戦が予想されます。エントリーシートはもちろんのこと、SPI2、GAB、CAB、ツベルクリン、企業独自のオリジナルテスト、テストセンター、WEBテストなど筆記試験対策にも多くの力を入れましょう。筆記試験の一般常識はジャンルが多く、出題問題も多様化していますから、早めに準備をはじめましょう。もしかして、世界各国の首都の問題が入社試験で出る可能性は大いにあります。では、ためしに以下のミニテスト(練習問題)を行ってみましょう。すべてわかりましたか。

  1. フランスの首都は?
  2. 南アフリカ共和国の首都は?
  3. アメリカ合衆国の首都は?

練習問題を多く解いて、新卒採用試験(SPI2)に望む

このような世界各国の首都を無料で確認できる一般常識の言語問題に特化した練習サイトがあります。それは以下です。日本の各都道府県の県庁所在地やことわざ、漢字の読み方、名数、2語の関係など、たくさんのことが無料でできるサイトなので就職活動や転職活動を現在しておられる方、これから就活される方には必見です。

無料でできる就職用一般常識確認テストのサイト

できるだけ、多くの練習問題や例題を解いて、あるいは大学の就職課が用意した模擬試験(SPI模擬テスト)をしてもよいでしょうから、厳しい就職戦線を勝ち抜きましょう。このような熱意をもった努力をすれば来年には必ず、内定がもらえるはずです。