テストセンター問題とSPI一般常識対策《世界の通貨》

就職試験の内定獲得はライバルとの戦いです。就職の筆記試験は毎年多様化する一方です。WEBテストによく出題される一般常識(言語問題)以外にも対応できる能力を身につける必要があります。

筆記試験は多様化する一方

リーマンショックから1年、ふたたび、景気が上向いてきたと思いきや、ここところの円高。就職内定状況が極端に悪化。 昨年来の雇用危機は新卒採用にも直撃し、大学生の内定率も低迷しています。円高は当然、安い海外の輸入物に押されその結果、日本の雇用を守る企業が次々と倒産または海外移転になるでしょう。 つまり、国内の雇用はなくなり、新卒採用者の大幅な抑制、秋採用を予定していた企業が採用取りやめ、正社員を雇う予定を契約社員に切り替えると言ったことが起こります。来年の就職状況はまさに、今年よりもはるかに厳しいと言わざるを得ません。厳しい就職戦線を勝ち抜くためにも今の8月からでも自己分析を初テストセンター問題とSPI一般常識対策《世界の通貨》めて、筆記試験(SPI2、テストセンター、オリジナル問題)の対策を用意すべきです。筆記試験は年々多様化しており、覚えるべき分野が多くなっています。これは、業界やその企業ごとに異なりますが、公平に採用する点からも人事担当者は社会人としての一般常識を備えた優勝な学生をほしいと思っています。世界の通貨も出題されるかも知れません。注意しましょう。では、次の練習問題《世界の通貨》をしてみてください。すべて解けましたか。

  1. アメリカの通貨は?
  2. 中国の通貨は?
  3. ロシアの通貨は?

多くの例題をこなす~常識力をつける

今現在、大学4年生で内定が全然得られない学生が増加しています。これらの先輩は来年あなたのライバルとして、就職浪人するかもしれません。できるだけ多くの問題集の例題を解き、解説も丁寧に読んで就活のスタートダッシュを全力で行いましょう。問題集には、以下の無料問題集(WEBでの就活アプリ)もおすすめです。

無料でできる学習サイトはこちら

たくさんの問題がなんと無料でできてしまうので上手に利用する価値がありそうです。