無料SPI2 対策、適性試験に完璧な状態で望む 《反意語編》

SPI2-1問でも正確に解く

SPI反意語の練習問題サンプル売り手市場が終わり就職戦線は新就職氷河期に突入しようとしています。SPI2は、就職や転職の適性試験です。SPI2で出る問題には計算・図形の非言語問題と反意語や四字熟語の言語問題があります。反意語には、読めない書けない漢字などがないように日本語の理解を高めることが重要です。パソコンや携帯のキーボードにたよっきりになると自身の脳の語彙力がおとろいかねません。携帯やパソコンの画面では、漢字が勝手に候補が表示されるからです。SPI2の対策にむけてこのことに留意して語彙力を高めて、ライバルより1問でも試験問題を正確に解きましょう。反意語に関して、意外と忘れているものです。「地動説」、「天動説」などはガリレオ・ガリレイが登場するまでは、あまり世に知られていませんでした。では、「月とすっぽん」はどうでしょうか。月とすっぽんということわざは反意語を組み合して成り立っていると感じた方もいるかもしれません。反意語かどうかは不明です。すくなくとも、この場合、月とすっぽんはとても次元が違うという意味で使用されることが多いようです。このように反意語は意外と難しいので、練習問題や例題、サンプルに取り組んでおくのがよいでしょう。では、次のSPIに似た例題をやってみましょう。

  1. 本妻 ⇔ 妾
  2. 現実 ⇔ 理想
  3. 分散 ⇔ 集中
  4. 縮小 ⇔ 拡大


無料の反意語サイトの練習問題をうまく活用

以上から、反意語はおもったほど覚えていないものです。就職活動は不況の影響で、年々厳しさが増しています。ブラックといわれる会社に入ってしまうと、過労死やうつ病になりかねません。よい会社には応募が殺到します。SPI問題を1問でも確実に解いて点数を稼ぎましょう。出題範囲も広く対策には大変ですが、1問でもバカにできません。就職の採用数が少ないときには命取りになります。SPI 適性試験の言語問題、とりわけ反意語は、反対の意味をあらわす言葉です。ここによいオススメの無料サイトを紹介します。

オススメSPI無料練習は、ここ

この無料練習問題を反復すれば、ライバルにまけることはありません。もちろん、ライバルにこのサイトを教えないほうがよいです。あなただけがSPI2(適性試験)で高得点を狙うことだけを考えてください。