SPI 試験 例題《読めそうで読めない漢字》その3 ミニWebテストで就職活動を支援

選考(SPI2、性格検査)と説明会がセットになっている就職採用試験がけっこうあります。突然の筆記試験に備えて、忘れていた漢字を学習しなおしましょう。

筆記対策-忘れていた漢字を思い出す

ここ最近は、日本経済の実力以上に円高です。あまり円高になると、日本経済は原料を輸入し、付加価値をつけてそれを輸出することで貿易黒字を稼ぎ出す経済なので、企業は利益が目減りし、当然、非正規労働者(契約社員、派遣社員、嘱託社員、期間従業員)を切る企業が続出し、さらにこれにより、消費意欲が低下し、売り上げが低下、さらには、来年採用する新卒の求人数も減らす動きとなってくるわけです。ということは、すくない新SPI 試験 例題《読めそうで読めない漢字》その3 ミニWebテストで就職活動を支援卒採用枠を巡って、多くの学生が争うこととなります。もうすでに、大学3年の夏から就職戦線ははじまっています。今年大学4年の人は公務員試験が受からなければ、秋には民間の一般採用試験(総合職・一般職)は期待できないので、留年または、就職浪人、既卒で就職活動という人も多くなってきます。筆記試験は社会人としての一般常識が見るためのテストというのが本来の目的ですが、あまりにも求人数に対し求職者が多いと、足切りテストとして使用されることも多くなります。たった一問といえども間違えたら、内定には遠くなります。この時期からとりあえず主にSPI、Webテストの対策をしてみようかと思うのはよい考え方です。次の例題《読めそうで読めない漢字》を解いてみましょう。このミニWebrテストは意外に読めない漢字です。これがすっかり忘れていて読めないからといって"一般常識やり始めたんだが早くも挫折しそうです" っていうのはやめてください。チャレンジすることが大切です。

  1. 白湯
  2. 流布
  3. 疎ら

就職内定状況が極端に悪化!基礎能力検査(WEBテスト)に練習問題を多く解いて備える

就職活動を支援するサイトは毎ナビ、日経ナビ、リクナビなど結構あります。その中でも他人に知られていないお勧めのサイトが以下のサイトです。

無料でできる就職支援(一般常識マスター)サイトはこちら

就職内定状況が極端に悪化しているので、ライバルに負けないように多くの練習問題(模擬テスト、模擬試験問題)を解き筆記試験やWEBテスト、SPI、SPI2があれば100%パスできる能力を身に着けることです。無料でできる上のサイトをぜひ活用しましょう。