SPI 試験 例題《読めそうで読めない漢字》その2 Webテストが3問で転職活動をサポート

今年は既卒で就職活動しているひともたくさんします。しかし、大学卒業しているというだけで新卒とはみなされずに苦戦している人もいます。いわゆる就職差別です。8月下旬になっても内定が出なければ秋はほとんど新卒採用のセミナーを開く企業がないのでピンチです。ここでは、内定獲得のためのSPI2適性検査、筆記試験、WEBテストによく出題される《読めそうで読めない漢字》について説明します。

SPI対策-大学3年生から就職活動を始める[テストセンター問題]

テストセンターを新卒採用試験で取り入れる企業が増えています。中途採用試験でもテストセンターの適性検査および専門試験を課す企業もたくさんあります。SPI2試験対策には、大学3年生の夏ごろにははじめることが肝心です。大学4年生の夏ごろになってもいまだに内定が出ない人もたくさんSPI 試験 例題《読めそうで読めない漢字》その2 Webテストが3問で転職活動をサポートいます。そのなかには、業界研究が足りなかった、テストセンターやWebテストを甘く見ていたなどがあります。しかし、これは、自己中心的な考え方です。就活は情報収集から始まるというっても過言はありません。とりあえず、いまは、筆記試験に出る難しい漢字の読み方を学習しましょう。読めそうで読めない漢字って言うのは意外とあります。転職活動では、新卒の就職活用よりも難しい漢字が出題されるかもしれません。以下のWebテスト問題《読めそうで読めない漢字》をためしにしてみましょう。 普段あまり、活字に親しんでいない学生や社会人には難しい問題です。基礎能力検査(SPI等)が不安になってきましたか。

  1. 年増
  2. 固唾
  3. 杜撰

SPI試験対策を強化! 無料サイト活用。

筆記試験(SPIなど)と面接を同時にする転職先企業もありますが、大きい企業ほど、書類選考や筆記試験、WEBテストでふるいをかけます。マトモナ社会人としての一般常識で判断する人事担当者やキャリアコンサルタントが多いためです。上記の例題でのような一般常識に強くなるためにももっとがんばらなくてはいけません。たとえば、以下の無料サイトがおすすめです。

無料の基礎能力UPサイトはこちら

四字熟語や日本の都道府県の県庁所在地、難読語漢字、ことわざ、故事成語、名数、同意語、反意語などの確認テスト問題もあります。無料でできるので使わないと損です。GAB対策にはならないですが、就職試験の国語問題には強くなれます。