SPI2 模擬試験 例題《読めそうで読めない漢字》その1 ミニテストで就職活動を支援

SPI2 模擬試験 例題《読めそうで読めない漢字》その1 です。就職内定獲得に向けて、SPIの筆記試験であるWebテストに出題される漢字について学習する心構えをここでは、説明し、簡単なミニテストを最後に行います。さらに、お勧めの無料サイトも紹介します。

円高不況、国内から雇用が流出、就職の筆記試験の競争も激化

先が見えない就職活動を強いられていて、内定が卒業まで得られない人も増えています。俗に就職氷河期の再来などと言われています。このよう日本経済がグローバル化し、国内で起業する人が減る中、円高により、海外に日本の企業の工場がどんどん出て行っているのが現状です。追い討ちをSPI2 模擬試験 例題《読めそうで読めない漢字》その1 ミニテストで就職活動を支援かけるのが円高と消費税増税。ここ数年先まで、企業の採用意欲が低下する傾向は高いでしょう。このような時代だからこそ、コミュニケーション能力と一般常識力をもって少ない大企業のよい職を勝ち取ることが重要です。それには、一般常識で漢字はほとんどといってよいほどされるのですから、苦手漢字の克服は必要不可欠。就活ならじょうしき360"というサイトがお勧めです。 非正規社員では永久に給料が上がることはなく将来性がありません。読めそうで読めない漢字を克服してぜひ全部読めるようにがんばりましょう。そうすれば、一般常識問題には四字熟語、ことわざ、故事成語、同意語、対義語、同訓同音語、などの言語問題がありますが、それぞれWebテストセンター、SPI2試験にもおちついて望むことができます。それでは、ためしに次の3問のSPI 模擬試験のミニテストをしてみてください。 すべての例題をいえたでしょうか。

  1. 陽炎
  2. 牛車
  3. 美人局

SPI対策の漢字克服は無料サイトを活用せよ

このように、就職試験突破法を考える上で、一般常識、特に言語問題の漢字を克服することは重要です。普段、小説や経済雑誌をたくさん読んでいる学生はかなり教養が高いので、特に勉強しなくても難なく読めるはずです。しかし、自分ではなくてこのような学生がライバルとなれば、あなたはピンチです。安心してください。新卒の皆さまの就職活動を全面的にバックアップするために以下の無料でできる就活サイトを紹介します。

無料就職漢字学習サイトはこちら

一夜漬けの学習は駄目。日々の努力が必要です。この紹介したサイトはさくさくと漢字の練習問題や例題をできるのでとても役立ちます。新卒採用試験ではなく、転職活動、再就職活動をしている人にもぜひおすすめです。