テストセンター問題に。氷河期といわれる厳しさを勝ち抜く~SPIの漢字練習例題《生き物》

SPI筆記試験対策(テストセンター)をしているがどうも漢字が苦手という人。勉強法!漢字の読み方、学習の仕方を説明します。問題をひたすら解いて内定を獲得する。

就職への関門、テストセンター試験の漢字と対策

テストセンター問題に。氷河期といわれる厳しさを勝ち抜く~SPIの漢字練習例題《生き物》つい5年前までは、大学3年の年末ごろから就職活動を始めるのが一般的でしたが、ここ数年、インターシップを大学3年夏休みにいったり、就職活動の事前準備のセミナーに参加したり、自己分析を始めたりして、実質大学3年の夏から就職活動の準備をしないとライバルに遅れをとる事態になっています。というのは、大学4年の6月を過ぎてもSPI、SPI2、テストセンター、作文、専門業界テスト、Webテスト、面接、最終面接のどれかにひっかかって内定を万が一取れない場合、新たな企業の募集を探そうとしてもほとんど見つからないからです。また、企業側(人事担当者)も、一般常識の漢字を読めない学生は能力が低いので当社は必要としていません、といいます。ですから、早いうちに、言語問題である一般常識の漢字を身に着けるように心がけましょう。では、次の漢字の小テスト(Web問題)にチャンレンジしてみてください。漢字の《生き物》の問題なので寿司が好きな人には当たり前のようにわかる常識問題です。


一般常識の漢字をおさえて筆記試験を攻略

転職の中途採用試験予定の方にも上の例題は役に立ちます。すべて答えられでしょうか。最近では、大学生の大学就職率が60%ほどなど、厳しい就職戦線が続いています。なかなか内定が大学4年の夏までもらえないと大変です。筆記試験とはいえ、幅広く漢字を勉強して1問でも多く回答できるようにひたすら問題を解きましょう。

就職試験問題集-Web対策サイト

きわめて厳しい就職事情、中途採用、でもやはり生活が安定している正社員をめざし、不安定な非正規社員(契約社員、期間従業員、嘱託社員、派遣社員)を避けましょう。就職活動苦戦するかもしれませんがSPI試験問題、筆記試験練習問題、テストセンター練習問題を多く解き勝ち抜きましょう。