テストセンター問題に。氷河期といわれる厳しさを勝ち抜く~SPIの漢字練習例題《国名》

SPI筆記試験対策を強化。漢字を効率よく学習して、筆記試験を突破し多くの企業から内定を得る就職活動(就活)を支援。

SPI試験の漢字と対策

テストセンター問題に。氷河期といわれる厳しさを勝ち抜く~SPIの漢字練習例題《国名》安泰と思われていた公務員に今人気が集中しています。しかも、10年前とは異なり、地方財政や国家財政はかなり悪化。その影響を受け、新卒採用数も年々減少。つまり、少ないパイをめぐって、多くの学生が枠を取り合いし、公務員の就職予備校、就職浪人となる人も続出しています。大学生の中には、通っている大学の内定率が60%をきるところもあるので内心、自分も就職できないまま卒業してしまうのかとても不安に思っている方もい大勢いるはず。就職浪人にならないためにも、いまの大学3年の夏あたりからSPIやSPI2、GAB、テストセンター、筆記試験、一般常識問題、作文、履歴書の書き方について、じっくり勉強してみることです。一般常識といえど、その範囲は、応募する先の企業ランクに応じて要求されるレベルも非常に広いので決して侮ってはいけません。ためしに、次の小テスト(サンプル)をしてみてください。漢字練習問題《国名》です。日ごろ、新聞や小説などの読書をしていない学生には難しい例題です。

  1. 亜米利加
  2. 仏蘭西
  3. 伊太利亜

おさえておきたい一般常識の漢字~SPI対策を万全に

一般常識の中で、言語問題の特に漢字はぜひおさえておきたいものです。上記の例題はすべてできましたか。SPI対策に万全を期すためにも《国名》の漢字の読み方をもっと学習しておきましょう。これは、新卒採用試験だけでなく、これから中途採用試験を受けようとする人にもいうことができます。実は、このような《国名》の漢字をを無料で確認できるサイト(i-Phone用アプリではありません。Webアプリ))があります。以下のサイトです。

漢字読み方-無料のSPI対策はこれ

SPIやWebテストで落ちることは、絶対に避けるべきです。新卒の入社試験、中途採用試験に合格できるように毎日繰り返して勉強しましょう。それがテストセンターや筆記試験、SPI2攻略への近道です。筆記は通って、面接でも受かる自信がつきます。