テストセンター問題に。氷河期といわれる厳しさを勝ち抜く~SPIの漢字練習例題《月》

筆記試験の漢字と対策をいかにどのように身につけるか。それが就職活動(就活、転職)への第一関門への鍵です。漢字の読み方について漢字力を身につける方法について具体的に説明します。

筆記試験の漢字と対策

テストセンター問題に。氷河期といわれる厳しさを勝ち抜く~SPIの漢字練習例題《月》最近、円高により、海外に日本の企業がどんどん流出しています。日本航空、それはかつて日本を代表する優秀な企業の1つでした。日本航空には当時の優秀な学生がたくさん就職入社し、他の学生からは給料も高く憧れの的のような職業だったのです。ところが昨今のニュースでもご存知なように大規模なリストラが発表されています。運良くリストラ候補から免れることができた社員も給料が大幅減または、頭打ちの予定です。このようにこれからどうなるのかわからない世の中の時には、やはり、自分自身がしっかりとキャリアプランを計画たて、一般常識力を備えた人間であることを目標に努力することが必要です。具体的には、漢字をまず学習しましょう。漢字は、就職の筆記試験、適性検査、テストセンター、SPI、SPI2、一般常識問題として必ずといっていいほど出題されます。大企業への採用試験は最終面接までたくさんの試験や面接がありますから漢字をしっかりと学習することは、ライバル学生との差をあけるために重要です。小学、中学生レベルの漢字問題がSPI問題に出題されても100%答えられるように毎日学習しましょう。《月》の漢字はたまにSPI2に出ることがあります。1月は何と言うか。睦月です。では、2月は。では、ためしに次の小テスト(練習問題)を解いてみましょう。すべての漢字わかりますか。

  1. 6月
  2. 7月
  3. 8月

漢字力を鍛えて就職活動を成功

筆記試験を突破、面接試験を突破、そして内定ゲット。このようになれば就職活動は成功です。このようになるにはSPI対策のため漢字の学習をコツコツと毎日地道に努力して学習する、これ以外道はありません。それを大いに手助けする無料サイトが実はあります。Web漢字学習問題集(いわゆるi-Phone用ではないが就活アプリ)があります。以下のサイトです。

もっと練習問題-対策サイトはこちら!

このサイトは、上記の小テスト(練習問題)で出題されたような《月》の漢字もすべて就活Web問題集に載っており、さくさくカンタン、しかも無料、これはつかわないとぜったい損です。難読漢字や四字熟語、そのほかの一般常識の問題もあり、転職活動中、再就職活動中の筆記試験対策用としてもかなり使えるます。最近暑いですね。大学生の就職内定率はここ数年低いのでライバルとのまさに勝負です。暑さに負けないよう無料サイトをぜひ利用してがんばりましょう。。