SPI2-漢字の読み方、練習問題小テスト2

志望の上場企業に就職するSPI筆記試験の勉強法を、特に漢字の読み方について説明します。

SPI頻出漢字と一般常識の試験問題

就活! 漢字の読み方、練習問題小テスト2よく書店にならんでいるSPIの面接対策本には効果的な対策法のテーマが多いです。効果的な面接方法、効果的なエントリーシートの書き方、礼状の書き方などです。漢字の読み方には、効果的な学習方法があるのでしょうか。筆記試験ですが、テストセンターというパソコンで回答するタイプもあります。漢字の読み方もあります。去年までは、銀行、生命保険会社、証券会社など新卒を大量採用していましたが、ここ最近になって大幅に採用人数がへっています。厳しい就職戦線を勝ち抜くためにも、筆記試験対策、すなわち、漢字の読み方についてしっかりした学習を心がけるべきです。、何も対策しなくてもその場でがんばれば何とかなるはずと思ってるとしたら、きっと痛い目を見ることでしょう。漢字はいうなれば特に北海道の地名などが読み方が特殊。地名の漢字なども十分に対策を入れたほうが良いでしょう。転職する方にも転職用SPI対策として、地名の漢字の読み方を学習しましょう。以下の小テストでできるかどうか確認してください。以下の例題(小テスト)は無料です。

  1. 苫小牧
  2. 網走
  3. 摩周湖

社会人として恥ずかしくない程度に漢字を読めるようにする

地名の漢字は他にもたくさんあります。たとえば東京の巣鴨(すがも)、御茶ノ水などは難しい漢字といってよいでしょう。これらを効率的に無料で学習するサイトのリンクをお教えします(下記リンク)。

漢字サクサク無料対策サイトはこちら

SPI2試験合格対策のための勉強法は暗記力にあります。このサイトを使えば、さくさくと効率的に漢字の読み方を学習できます。超オススメサイトなのでぜひ使って有効活用しましょう。このような情報を探せる人と探せない人の差がデジタルデバイトとして、実際の企業の内定をもらえる人ともらえない人の差とあらわれて跳ね返ってきます。無料サイトも活用してSPI対策を万全にしましょう。